県内向けの撮影はリーズナブルなプランで!

一般撮影なら10,000円/1時間から。時間内ならカット数無制限です。

商品やお料理など数が多い撮影には定期撮影契約が便利です。

ネット販売用写真は商品1点1000円(3-5カット)〜

飲食店の成功事例


写真の必要性について少しお話します。

きれいな写真はグッと人を引きつける効果があります。

今、多くの人がスマートフォンを持っていますから、写真を見てもらう機械(機会も)があります。

 

スマートフォンで見る為にスマートフォンで撮っても良いのですが、最適な機材で良い照明と正しい現像処理をした写真はグッと惹きつけるものがあります。

新鮮で安全な食材と吟味された調味料、目で楽しむ器。最後の仕上げが写真です。

 

どういうことかということを、かんたんに説明します。

左の写真は一般的な料理の集合写真です。

お問い合わせいただくのもこういう写真です。

予算は2万円以下でできるだけたくさん撮って欲しいというケースがほとんどです。

 

代表的な口コミサイトを基準にすると、お店のオーナーもこういう写真を基準に考えているようです。

 

撮影にはプロではない社員の人が来る会社もありますし、契約プロを派遣してくる会社もあります。

 

契約プロはプロですから撮り慣れてはいるのですが、金額や内容についての妥当性がありますし、掲載するお店よりも口コミサイトの会社の言うことを聞かなくてはなりません。

 

そういうところで、ぜんぜん美味しそうに見えない。ということが良く有ります。

 

次は会席料理などの写真です。

照明もバッチリ、経験と技術を駆使してきれいに撮らなければならない、プロでも緊張するような写真です。

 

もちろん、写真としての出来栄えは良く、多くの人を惹きつけるのですが、リアリティがありません。

 

それにコース料理が基本の料亭などであればはまりますが、単品メニューがほとんどのお店はちょっと違いますね。まるで記念写真のようになってしまいます。

次はおすすめしたい撮影スタイルです。

基本的にお店の自然な光を巻き込んで撮影します。

 

お店の料理写真の場合で言えば、プロというのは写真の成功率の為に、リスクを引いていくことが必須になります。

そしてお仕事の単価が互いに見合うかどうかということにもなります。

撮影を依頼する人(クライアント)から見ると、撮影現場を見ることはできますが、事前準備や撮影後の処理は目に見えません。

 

一般的に撮影の時間よりも画像処理の方が時間がかかります。

そのため、拘束時間が4時間からにしていることが多いのは、ヒアリングや下見を行って機材の準備を行い、現地での撮影準備を行い、撮影を開始。撮影後は持ち帰って納品のために画像処理を行うということになるので、実際には拘束時間の3倍くらいの時間が掛かっていることがほとんどです。

 

この3枚は同じ料理の別バージョンとして撮影しています。

実は写真学校で学ぶ料理写真のセオリーはひとつも守っていません。笑

撮影のアプローチも独創的なのですが、スマートフォンの普及で、お店のお客さん(ユーザー)も写真をたくさん撮るようになりました。

 

お手本のような差別化は必要ですが、それが写真学校で教える撮影方法のテクニックではなくなっています。

今時は、インスタ映えする…とか、フォトジェニックな…という価値観、基準が必要です。

 

そういう意味で、テンプレートに型ハメしていく口コミサイトとは違うアプローチが必要だと思います。

 

3枚目の真上から撮影して真四角に切り抜く、いかにもという写真。

これ、実はプロの機材では撮るのは難しいんです。

真上から見下ろす。真俯瞰(まふかん)というのですが、お料理動画などでもおなじみです。

料理ブログを書いている人もこのような写真の撮影は苦労しているようで、よく撮り方を聞かれたりします。

 

こういう機材があれば、こういう風に撮れるんだよなーと、仮説を立ててネットサーフィンをして機材を探します。

日本語ではほとんどヒットしません。ですから英語で探します。中国製が多いので、中国語でも検索します。

そのままでは用途にピッタリとは行かないので、組み合わせて使います。

機材の話は同業者は知りたいでしょうが、お客さんから見ればそのように撮れればいいので割愛します。

 

とにかく、オシャレなカフェの写真がこう!なのではなく、お店の雰囲気が伝わるようにしなくてはならないです。


飲食店の一般撮影について

 

お店のお料理の品数はそれぞれだと思います。

調理の手間により時間は変動しますが、通常は4時間で撮れる料理の数は20品が目安です。

60品や80品など、品数が多いお店のクライアントさんとは、ある種のパートナー関係を築きます。

今までは金額がかかりすぎると諦めてしまいがちですが、2-3ヶ月、数回に分けて分割して撮影するという方法もあります。

 

最初はおすすめ料理、定番料理から、一部のメニューを写真入りにした印刷物の作成と多言語ホームページにして指差しメニューが出来上がります。

撮影した写真データは、プラスアルファのコストでグーグルに写真を掲載し、お店のホームページを作成できます。

 

写真を撮るだけでは高い!と考えていたオーナーさんのご意見をよく伺い、英語と中国語を入れた写真メニューのホームページをご一緒に提供できます。

 

グーグルは旅行者にとって、とても助けになる旅行ガイドです。

グーグルの検索結果とマップに写真を掲載することで、よい結果を招くことができます。

様々な口コミサイトもありますが、効果を出すためには決して安くない広告費を払い続けなくてはなりません。

 

グーグルが素晴らしい点は基本無料で導入できることです。

無料で一定の効果を実感し、さらに集客を試したいと思えば、1日の予算を設定して広告を出すこともできます。

 

ホームページの作成とグーグルの登録についての詳細はこちらに書いています。

 


ネットショップ、ネットオークションの商品撮影

 

写真の善し悪しが販売結果を左右するのが商品写真です。

画像で見られる情報は商品の形状や質感など、特に手作りの品物などは細かな凹凸を光の反射で表現するなど大変重要になります。

 

使用機材は撮影対象によって使い分けを行い、35mmフルサイズの大型センサー機を使うと余白空間をふわりと処理してやわからい感じに仕上げられます。

 

逆にセンサーサイズの小さなAPS-C機を使うとフルサイズ機に比べてピントを深く合わせることが出来ますので、絞り込みによる画質低下を避けることができます。

 

商品の正しい色表現について

 

カメラのセンサー、レンズ、撮影状況、はたまたコンピュータのモニターなど、撮影した画像の色彩は何かの条件に左右されています。

そこで撮影時にこれが正しい色ですよ。と示したチャートを一緒に撮影し、あとで白の割合、各色の正しい色合いを戻していきます。

 

当社ではカラーチェッカーというものを使用しています。こういう小物一つとっても国産のものがないので、米国製を使用しています。

使用するコンピュータ側はディスプレイ表示200時間毎にセンサーで測定して色のズレを調整しています。

必ず2面以上のモニタを使用するのは便利だからということもありますが、片方がずれていることが容易にわかるためです。同じく、異なるコンピュータでも表示を確認して色の微妙なズレが発生していないか?を確認する環境を作っておきます。

 

こうしたことは、当たり前のことを当たり前にやっているだけなのですが、デジタル時代になってからはそいうプロセスをふっとばしても、なんとか形になってしまうので、クライアントさんがそれで良ければそれでも良いのだと思います。

ただ、こういうことをやるから価格が高くなるわけでもなく、当たり前の作業は値段に応じて間引くことも無いので、求めている結果次第だと思います。

 

上記のように正しい知識で行えば、元の画像ができるだけ正しい色であるので、受け取った商品がイメージと違うということも避けられます。

ワークフローの確立

 

クライアントさんの要望に柔軟に対応できるアングルやライティング撮影を効率的に行うことが大切です。

機材や撮影の専門知識は現場でスムーズに撮影をこなす為に必要となります。

 

 

T字型の撮影台は組み合わせによって奥行きを自由に変えることができます。

 

三脚はギアで微調整ができるタイプで、1度よりも小さい微妙な角度調整で良いアングルを探れます。

 

Capture One Proというデンマーク製ソフトウェアでライブビューしながらMacでリアルタイムに撮影、写真には映ってませんがそのまま編集機にて調整出力を行い、仕上げの結果がいまいちでしたらすぐに撮影をやり直すことが出来ます。

写真の仕上げだけで考えればAdobeのPhotoshop、Lightroomも効率よく処理できますので、通常はそちらを使用します。

 

奥のカメラはグッと近づいた寄りショット用のブームに取り付けています。

近づくほどにフォーカスはシビアになりますので、精密なアングルチェックができるように外付けのモニタ(ATMOS NINJA INFERNO)を使用しています。

当社の撮影については通常の写真撮影の方法に加え、映像撮影の技法も組み合わせて行っています。

ほとんどの場合、カメラマンと呼ばれるオペレータを手配すること無くスタッフだけでこなします。

 

専門的なことになるので、お客さんにはどうでもいいことだろうと思いまして、こういう話は避けていましたが、より上質な撮影を行いたい人にとっては、もっと知りたいことだというクライアントさんからの話がありました。

 


通常の撮影メニュー


おまかせ映像制作サービス

TVCM制作で培った経験と技術で

企業VP、集客用など幅広い範囲に対応

100,000円より

(税別)+往復交通費

 


サービス概要

写真より多くの情報を伝えられる映像は便利です。

配布用DVDやホームページ埋込み動画、You Tube用など様々なアウトプットがあります。

 

当社の特徴

映像制作の値段は企画と撮影、そして編集の時間と使用する撮影、編集の機材により決まります。

写真撮影用のデジタル一眼機材を活用して、業務用ビデオカメラで制作するよりも割安に制作することができます。

 

追加料金無しのおまかせ撮影でも、一定以上の映像品質を誇る機材を用いた撮影と現像処理をご提供いたします。

写真用機材を使っているので、魚眼レンズや超広角レンズ、超望遠レンズを活用した絵作りができます。

タイムラプス、スライドショーなど高品質な写真を組み合わせた映像も製作可能です。

 

ご予算10万円での映像制作の目安

・映像企画ラフコンテ制作(10時間)

用途や目的を伺い、ご予算に合わせたご提案を致します。撮影、編集よりももっとも時間が掛かる作業となります。

 

・撮影(6時間)

おまかせ撮影の場合、当社所有の機材やレンタル中の空き機材などを活用して撮影いたします。

沖縄の海や空、朝日や夕陽などの手持ちの素材は豊富にありますのでこれらも活用いたします。

 

・編集(仮編集1日・修正と本編集1日)

おまかせ撮影した素材を仮編集して内容チェックを行って頂きます。本編集前に修正ポイントを共有してから進めます。

 

制作難易度によりますが、このように手順や作業は簡易化されていますが通常の映像制作と同じです。


ドローン空撮サービス

1時間あたり/1フライト

18,000円より

(税別)+往復交通費

映像/写真

 


サービス概要

1フライト単位でのリーズナブルな料金で映像作品制作や空撮風景写真の連動型ワークフローを実現します。

車載充電器と複数のバッテリーにより、チャージ待ち時間無しの連続撮影が可能です。
ベーシックな撮影での使用ドローン機材はDJI Phantom 4 Advanced、Phantom3 4Kとなります。

 

注意事項

国土交通省包括許可申請取得済み。

別途に国土交通省許可を得るフライト、海上を高速で飛ばす、強風実施などはリスクが上がるスポーツフライトは、難易度に応じた追加料金が必要となりますがぜひご相談下さい。

 

 

金額に含まれる内容

・1フライトの単位について

フライトについての準備、設営、離着陸までが1本単位となります。

1フライト当たりのバッテリー持続時間はおよそ15〜20分程度となります。

風速や状況により飛行時間が短縮する場合がございます。

 

RAW撮影(写真)

操縦と撮影を1人で行うワンマンオペレーションが基本となります。

ドローンでのスチール撮影はホバー状態で撮影をするために、風の影響でのブレや、機体制御とカメラの微調整が映像よりも難しくなります。

上空からの様子は事前計画がしにくいので、1フライトをテスト撮影、2フライトから任意の撮影地点で行うことを推奨いたします。

 

・4K, FHD(映像)

最高画質で4K 60fpsの撮影が可能となりますが、DJI Phantom4 搭載カメラはSONY製1インチセンサー(2000万画素)となります。

DSLRやデジシネ搭載の際にはドローン機体はレンタルとなります。

 

ロケに於いて、オフライン編集等が必要な場合についてはご要望に応じて別途お見積となります。

 

・ロケハン依頼

撮影本隊に先立って、ロケハンのみの実施、ロケ地下見のためのドローン撮影も承ります。

詳しくはお問い合わせ下さい。


業務制作向けドローン空撮サービス

1日(6時間)無制限フライト

ワンオペ50,000円より

(税別)+往復交通費

映像/写真

 


サービス概要

ドローンオペレーター1名から、ドローン経験があるディレクター、アシスタントチームによる事前のフライトプラン作成、許認可の必要性、天候判断、カメラチェック等をワンストップで。

映像制作に精通し、ドローンの特性も理解していますので、専門的な企画、演出を行う本格撮影を行うことができます。

 

Log撮影

上空の強い紫外線や太陽の向きにより影響を受けやすいフライトでもカラーコレクションを前提とした撮影により高品位なLog撮影が可能です。

 

使用ドローン機材は撮影目的によりDJI Phantom 4 Advanced、Phantom3 4Kの他、デジシネ、フルサイズ一眼など10kgまでの機材を搭載できるMatrice 600 Pro +Ronin MX(別途搭載カメラが必要となります)となります。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

注意事項

国土交通省包括許可申請取得済み。

別途に国土交通省許可を得るフライト、海上を高速で飛ばす、強風実施などはリスクが上がるスポーツフライトは、難易度に応じた追加料金が必要となります。

 

 

お見積内容

基本的にはドローンオペレーター、ディレクター、アシスタントの3名でのフライトとなります。

目視内飛行が原則となります為、アシスタントは必須となります。

 

・ドローンオペレーター:6時間5万円〜

機種によりカメラマンが別途必要な場合もございます。

・ディレクター:6時間3万円〜

・アシスタント:6時間2万円〜

 

・機材費

Phantom3 4K 7,000円

Phantom4 ADV 12,000円

Mavic Pro PLT 8,000円

Matrice 600 Pro 200,000円(基本的に3日以上のご利用をお願いしております)

 

・ディレクターモニター

ドローン映像をモニタリングできる機器設置を行います。

市街地内でのフライトの場合、オペレーターが動きを遮ると危険なためご利用できない場合もございます。

 

・空撮企画

現地とドローンの特性により、企画段階からお手伝いいたします。

ドローン箇所のコンテ制作、プレ撮影によるVコン制作などご相談下さい。

  

・ロケハン依頼

撮影本隊に先立って、ロケハンのみの実施、ロケ地下見のためのドローン撮影も承ります。

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

・ポスプロダクション

撮影後、そのまま沖縄に滞在して撮影後のオフライン編集、オンライン編集を沖縄滞在中に完了させます。

素材が足りない場合、天候が安定しない場合などにも安心です。

 

 


出張撮影/弊社スタジオ撮影サービス

お店、料理、商品など

4時間以内コース

40,000円

(税別)+往復交通費 

 


当社の特徴

当社では撮影から1年間はデータをバックアップ保存いたしますので、その間に掲載したい目的を告げて頂けましたら、用途に対して適切な画像処理を行って再提出を行います。

何度でも無料で対応いたしますので、積極的に活用下さい。

 

金額に含まれる内容

RAW撮影

Web中心、印刷物中心など、想定する用途により機材を選定いたします。

画質の低い機材を用いればデータ記録時間が省略され、撮影効率が上がります。

反対に35mm フルサイズの高画質(3600万画素)での撮影は1ショットごとの時間が掛かりますが丁寧にとれます。

写真の方向性を決める為に最初のカメラテストはスタジオ撮影同様にコンピュータの画面でのモニターチェックをして頂き、ライトや仕上げの簡単な確認をいただくことで、出来る限りイメージ通りの結果を出せるようにいたします。

 

・照明機材の持ち込み

お料理のタイプにより使用する照明機材は異なります。

お刺身やお寿司など、ミディアムレアのステーキが中心の場合はストロボ撮影、カフェやお店の雰囲気を織り交ぜる場合にはビデオ撮影用ライトを使用し、自然光のミックスで撮影を推奨しています。

使用する照明機材は基本的にはおまかせ頂くようになります。

 

・データ提出とアフターサービス

撮影したままのデータをそのまま印刷物やWebサイトに使用することは、せっかくの撮影結果を100%発揮できません。

カメラマンの仕事は1枚ずつ適切な色合いや明るさに補正を行います。

それも紙と画面では違いますし、コンピュータの大きなディスプレイがメインか、スマートフォンで使用するかによっても異なります。

すべての写真は汎用できるJPEGデータでお渡し、Photoshop等で取り扱えるファイルも納品いたします。


Googleストリートビュー

3ポイント撮影

35,000円より

(税別)+往復交通費

 


サービス概要

Googleストリートビュー準拠により店内を撮影して店舗の中の様子をGoogleマップに掲載できます。

店内1ポイントの場合は30,000円、広さに応じて見せたいポイント追加は1箇所10,000円となります。

 

 

当社の特徴

Googleストリートビューの撮影は従来の撮影会社ではなく、新興系のWebビジネスに近いです。

撮影を得意とする当社として、特色を出せる方法は何であろうか?と考えた結果、当社ではGoogleストリートビュー推奨のAPS-C一眼レフよりもさらに高解像 35mmフルサイズ機を用い超高画質&HDR処理によりVR合成写真を作成いたします。

価格は国内の平均的水準ですが、画質は飛び抜けたものとなります。

このワークフローを支えるためには、実は撮影機材よりも合成処理を行うコンピュータに高い処理能力が求められます。

当社では写真のRAW現像処理、一般的なDTPワーク、4K映像編集等を行うための非常にパワフルで高演算のコンピュータが完備されております。

 

 

金額に含まれる内容

・下見打ち合わせ
Googleストリートビューの室内撮影では、下見と打ち合わせはとても重要です。

近距離からすべてが映り込みますので、店内の整理整頓や清掃を行うことが望ましいです。

人の多い商業施設などでは、早朝や深夜などの営業時間外撮影にも柔軟に対応いたします。

 

 

・360度撮影(写真)

Googleストリートビュー準拠の360度写真を撮影いたします。

 

・アップロード納品

基本的に納品はGoogleマイビジネスへの投稿での完了となります。

Googleマイビジネスアカウントへのゲストアクセス、または運用代行にて承ります。

 


撮影と画像処理のロケ・スタジオレッスン

1時間あたり/4回チケット制

10,000円

(税別)+往復交通費

写真

 


サービス概要

撮影機材とある程度の撮影経験があることを前提に、お客様自身の写真技術の向上を目的としたレッスンです。

レッスンは共学になりますため、プライベートレッスンよりもやや幅の広い受講内容になります。

プライベートレッスンを修了された方の継続的なスキルアップにもご利用頂けます。

講座ごとに必要な受講時間を調整いたします。

 

4回チケットを複数人で使用する事もできますので、社員研修やご家族での参加も可能です。

 

受講内容について(例)

・カウンセリング
現在の撮影についての悩みや課題などについて全般的に相談に乗ります。

撮影目的別の機材選定や改善方法など、なんでもお気軽にどうぞ。

 

・撮影レッスン

 

目的とする撮影の実地的なアシストをいたします。

シャッターを押しただけでは思い通りに撮影ができない建築写真、美味しそうに見える料理、映り込みや反射の強い金属製品、スマホやカメラなどをメーカーの写真のように写すライティングなど、撮影時の技術とAdobe Photoshop、Lightroomを応用した合成テクニックを学びます。

 

・Adobe Photoshop、Lightroom レッスン

非常に人気が高い講座です。

RAWで撮影する必要性、HDRやパノラマ合成の応用テクニック、風景写真やドローン、マクロ撮影、撮影シーンや目的別に追従するコンピュータでの画像処理を学ぶことができます。


撮影指導プライベートレッスン

1講座あたり/全4回

100,000円

(税別)+往復交通費

写真

 


サービス概要

お客様自身で写真を撮影するためのプライベートレッスンです。

お手持ちのカメラがある場合は、その機材に合わせた撮影方法を指導いたします。

必要な照明や機材の購入サポートもあり、安価な中国製を中心にして2-3万円の一揃えから、毎月数百枚を流れ作業で撮影する為、コンピュータでシャッターを切るなど、お客様に完全にカスタマイズした方法を取ります。

 

受講内容について

・第一回 訪問ヒアリング(約2時間)
実際に撮影に使いたい場所の下見を兼ね、撮影したい対象物(商品や料理など)を拝見、カメラ、コンピュータなどの所有情報などをお伺いいたします。

 

 

・第二回 スタジオ体験(約3時間)

弊社スタジオまたは外部スタジオを用いた撮影実体験を行います。

十分な機材や照明の環境が整った中で撮影を見学し、ご自身のカメラでも撮影をして頂くことで、今まで大変だった部分がとてもラク!ということを体感頂けます。

撮影後はAdobe Photoshop、Lightroomを用いた画像処理をご覧いただきます。

画像処理は覚える項目が多いので、直ちに覚えられることではありませんが、基本的な操作はたった3つです。

 

体験することで、どのような機材を揃えるか?

などが明確になります。

 

・第三回 お客様環境の構築と撮影、現像(3時間)

いよいよお客様の店舗や事務所、ご自宅での撮影です。ライトや機材のセッティング、取り扱いはカリキュラムにも書かれているので、後日ご自身での撮影の際にも再現できます。

今までよりラクしてキレイな写真が量産できるようになります。

 

・第四回 撮影、現像(3時間)

構築した撮影環境に慣れた頃、再びお邪魔して撮影の様子を拝見し、細かな改善や質問等に答えます。

 

尚、チャット、メール、電話でのご質問には受講終了後でも何時でもお答えいたします。


従量制商品撮影サービス

ネット通販用やカタログ用写真など

1枚あたり

300円より

(税別)+往復交通費 

 


サービス概要(追加なしの標準撮影条件)

平置き撮影 1カット 300円

アピールポイント 1商品 5カット 1,000円

1商品あたり5枚までの撮影を行います。

撮影台(幅180cm☓奥行き210cm)に載せて撮影可能なサイズ、目安は60cm四方以内の大きさとなります。

(白、黒の幅180cmロールバックは無料提供)

 

床置きトルソー撮影(上半身)

(白、黒の幅180cmロールバックは無料提供)

 

アマゾン出品用白バック&拡大対応、楽天用サイズ指定など、用途別にご指定下さい。

ライティングプランは商品を伺い、最適な提案をいたします。

 

・RAW撮影 - JPEG提出

 

提出はカメラ記録のJPEGとなります。

色合いと明るさの調整はいたします。

撮影時のRAWデータの保管期限は撮影日より3ヶ月となります。

 

オプションサービス概要(追加金額となる撮影条件)

弊社スタイリストによる演出撮影
5カット +1,000円

写真に特に制約が無い自社ECサイト用、商品と小物で構成し、配置とライティングで演出を行い、情緒感や雰囲気が伝わる絵作りをいたします。

商品を拝見してより上質な風合いを演出した撮影提案のオプションとなります。

 

サイトのバナー、キービジュアル用などの他、画面にキャッチコピー等の文字入れ加工なども柔軟に対応いたします。

 

その他のコース

 

撮影商品数が多い場合は弊社スタジオサービス

4時間/40,000円〜をご検討下さい。

時間内で柔軟に対応いたします。

各種照明、標準的な機材を用いて小物があるものはそのままご利用頂けます。

背景紙が必要な場合は別途ご相談となります。

(1m 1,000円〜)

 

広告用ビジュアル制作 100,000円〜

高級感や機能性、ファッショナブルなアピールポイントなど商品ごとに訴求ポイントは異なります。

ガジェット、アパレル、アクセサリー、ペット用品など、かっこいい、おしゃれ、かわいいなど、それぞれの最適な演出方法と撮影方法を個別にご提案申し上げます。詳しくは下記のスタイリング撮影サービスをご覧ください。


スタイリング撮影サービス

民泊物件、名産品、目玉商品など

6時間以内コース

100,000円より

(税別)+往復交通費 

 


サービス概要(民泊物件の場合)

小物やライティングで演出を行い、情緒感や雰囲気が伝わる絵作りをいたします。

準備期間によりますが、小物は海外(主に米国)からの取り寄せを行うなど、質感を高めた撮影が可能になります。

民泊物件の場合、実際にお部屋に配置する日用品や小物、家具などを手配し、撮影後にそのままご利用頂けるサービスが好評です。

花びらを浮かべた南国特有の水鉢や多肉植物のボタニカル、エアプランツインテリアなどの植物コーディネートも承ります。

フォトジェニックなスペースを創り上げることができます。

 

サービス概要(特産品の場合)

当社ではとあるマンゴー農家の1年間を記録しています。

農園の記録にとどまらず、美しく立派な果実をアーティスティックに撮影し、差別化した写真素材づくりを行っています。

印刷物を制作するデザイナーと連携し、チラシ一枚でも隙きがないアートワークを提供いたします。

 

 

金額に含まれる内容

・撮影企画とラフプランの作成

撮影はトータル6時間となります。

時間帯により光線状態が異なるので、必要に応じて分割して撮影を行います。

好天や雲の形状、朝陽や夕陽を配した撮影など、ベストショットの為に手間を惜しみません。

 

・RAW撮影 - JPEG提出

主にWebサイト掲載を想定した撮影となります。

撮影はRAW記録で行い、提出データはDNGからのJPEGが基本となります。

撮影枚数と提出枚数の制限はありません。

クライアント様とショット確認を行い、使用データを選定し現像を行います。
 

・個別画像処理(30枚)

通常の色合い、明るさ補正に加え、必要に応じたHDR(ハイダイナミックレンジ)仕上げ、パノラマ写真等を制作いたします。

枚数は丁寧に仕上げることを前提としての数量となりますが、作業時間や工程により追加料金なし等、柔軟に対応いたします。

作業追加の場合は、1時間あたり2000円にて承ります。

その他、Googleストリートビュー準拠の360度VRの制作、ドローンによる空撮等も可能です。


海外への出張ロケ・撮影サービス

海外からの沖縄ロケ・撮影サービス

お問い合わせ下さい

映像/写真

 


サービス概要

海外在留経験25年以上のベテランを筆頭に中華系スタッフ、留学生により海外派遣型ロケを実現します。

 

日本から撮影スタッフを引き連れての撮影は企画段階から日本国内で行うことができますので、意思疎通と仕上がり面で安心感が有ります。

コストを重視する場合は現地のローカル撮影会社をアレンジしてチーム構築を行って撮影を遂行することも可能です。

 

長距離移動、複数国をまたぐ紀行ロケ、現地で許可を必要とする撮影など、長年に渡り柔軟にアレンジしております。

 

撮れるまで帰れない野生動物の生態、晴れ待ち、テント生活、局地取材など多くの(辛い)経験が豊富です。

 

実現性についてはお問い合わせ下さい。

 



プロフェッショナル向けサービス


各種スタイリング+撮影サービス

時間当たり

20,000円より

(税別)+往復交通費

撮影企画/リファ/撮影実施


当社の特徴

広告制作出身、映像と写真の両方の撮影と制作現場を知っているディレクターがおりますので、それぞれのワークフローについて従順に対応するケースや、写真の現場にムービー手法を用いる柔軟な撮影方法など、独自のノウハウも豊富にあります。

来沖されるロケチームとの円滑な連携が特徴です。

 

・撮影計画の作成

沖縄の自然や風土を最大限活用するため、通常のロケコーディネートにプラスアルファの提案をお手伝いできます。

映像よりも写真人材が少ない沖縄ですが、風景写真を中心にした素材提供等も可能です。

 

 

・コンテ、リファレンス制作

完成イメージを共有するためのカンプや合成イメージを作成します。

こちらで作成することで、撮影実施の可否の判定要素にもなります。

 

・撮影実施

ロケに於いて、カメラ以外の撮影機材の運搬はコストも保管も考えると憂鬱になります。

豊富な海外ロケの経験を活かし、撮影目的に沿って必要に十分な準備をお手伝いします。

大道具、小道具、スタイリスト、メイク、ヘアメイクの出張サポートから、現地人材のアレンジ等もご相談に応じます。

 

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

 


 

ご利用状の注意事項

キャンセルと延期について

 

 


依頼撮影のキャンセル料、延期料金規定は下記の通りとなります。

 

撮影の8日以上前

無料

 

7〜4日前

見積額の50%

 

3〜2日前

見積額の50%

 

撮影前日〜当日

見積額の100%

 

 

撮影の8日以上前

無料

 

7〜4日前

見積額の20%

 

3〜2日前

見積額の50%

 

撮影前日〜当日

見積額の100%